ハダタカヒトの描く階段画には、なにものかの気配が漂います。

綿密な線が織り成す重厚な質感は過ぎ去った時間を思わせ、

失われそうな物悲しさに、ロマンティシズムが漂います。

私達鑑賞者にとって、どこの何か解らない「階段画」は、ハダいわく

「どうってことのない、どこの街にでもあるもの」といいます。

うつろいのなか、確かに存在する風景のイメージは、重要な役割を示唆します。

いったいどんな人が、どんな靴で、何度この階段を登っていったのでしょうか?

そして降りて来るのでしょうか?
開かれた扉のむこう側、階段を登った先に、何が待ち受けているのでしょうか?

もしかしたらあなたの街の風景も、ここにあるのかもしれません。

 

 

2018年のギャラリーレンタルご予約受付しています!

詳しくはこちらへ

 

レンタルギャラリー レンタルスペース ギャラリーカドッコ

カドッコ かどっこ カドッコ

kadokko cadoco

ギャラリー 西荻 ニシオギ