ポルトガル雑貨と絵画展 vol.2 レポート

 

昨年の第一回に続いて、旅するギャラリー「アール・ラモ」さんによるポルトガル雑貨と絵画の展示会を開催しました。

 

なんとも言えず夕闇が似合うファドの音色と共に、今回も様々なアイテムをご紹介していました。

彼の地の名産のタイル、陶器、コルク細工(実は名産です!)、寒い季節に会わせてウールのセーター

などなど工芸品や音楽、本など、ポルトガルについてもっと知りたくなったヒトの為に、ガイドブックもありましたよ。

 

カラフルなものも、どことなくビビッドではない優しい色合いが多いのが、日本人にも馴染むようにも思えます。

鎖国時代には日本と交易のあったヨーロッパの端の国ですから、やはりなんとなしに親しみを感じますね。

 

また西荻窪で展示会の折りには、cadoccoでお会いいたしましょう☆

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

 

2018年のギャラリーレンタルご予約受付しています!

詳しくはこちらへ

 

レンタルギャラリー レンタルスペース ギャラリーカドッコ

カドッコ かどっこ カドッコ

kadokko cadoco

ギャラリー 西荻 ニシオギ